22:35 2021年04月23日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

米ハワイ州のダイバーが、動画投稿アプリTikTokで危険なイタチザメに遭遇したときに取るべき行動についてアドバイスした。

アドリアナ・フラゴラさんは、サメとの安全なダイビングに取り組んでいる。フラゴラさんは何年も前からサメの研究をしており、ダイビング中にサメやクジラ、イルカと遭遇した動画を定期的にTikTokに投稿している。

フラゴラさんはある動画で、ホホジロザメに次いで人間にとって2番目に危険なイタチザメに遭遇した場合に取るべき行動について語った。この動画は、フラゴラさんの最も人気のある動画の一つとなった。

 

​この動画でフラゴラさんは、サメがいる海域でダイビングをしている。1匹のサメがフラゴラさんに近づくが、フラゴラさんは落ち着いたまま手を伸ばしてサメの頭をなでている。

フラゴラさんは「サメが近づいてきたときには、サメとのアイコンタクトを維持し、腕を伸ばしてから肘を曲げます。 次に、手のひらをサメの頭に押し当て、サメを押してあなたから離れさせてください」と説明している。

またフラゴラさんは「サメが再び近づいてくる場合に備えて、サメの体に沿って手を伸ばした状態を保ってください。サメが去ったときには、周りに他のサメがいないことを確認してください」と警告した。

フラゴラさんは別の動画で、ダイビング中にサメに遭遇したときに一番してはいけないことは、サメから泳いで逃げようとすることだと強調している。

関連記事

タグ
サメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント