07:54 2021年04月15日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

米コネチカット州に住む男性が蚤の市で中国製の磁器鉢を35ドル(約3700円)で購入したところ、それが貴重な品で50万ドル(約532万円)の価値があることが判明した。CNNテレビが伝えている。

同テレビによると、その男性(匿名希望)は蚤の市で購入した磁器鉢の写真を撮り、鑑定人に送り実際の価値を問い合わせた。鑑定人はこの鉢に大きな関心を示し、実物を見に男性を訪ねてきた。なんと磁器鉢は15世紀の貴重な工芸品で、1403年から1424年に国を統治した永楽帝のものだと分かった。

​CNNテレビによると、現代に残されている当時の鉢は6個のみで、すべて博物館に保存されているという。この希少な品が蚤の市にたどり着いた経路などは不明。

購入品の価値を知った男性は鉢をサザビーに出品。オークションは3月17日に行われる。現時点の情報によると、スタート価格は50万ドルになるという。

スプートニク通信では以前、英北部ヨークシャの-古い邸宅の屋根裏で、行方不明だったルーベンスの「女性の肖像画」がガラクタの中で偶然発見されたことを伝えた。

関連記事

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント