07:09 2021年04月21日
社会
短縮 URL
0 53
でフォローする

ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁は、ツイッターが禁止コンテンツを削除しないため、3月10日からすべてのモバイルデバイスと固定デバイスの半分でツイッターの動作を減速させることを決めた。また同庁は、引き続きツイッターに対して措置を講じると発表した。

ロシア通信・情報技術・マスコミ分野監督庁はホームページで「Twitterは2017年から現在において未成年者に自殺を促すコンテンツ、児童ポルノや薬物の使用に関する情報を含むコンテンツを削除していない」と発表した。

同庁は違法なリンクや投稿の削除に関して2万8000件以上の依頼(再請求を含む)をツイッターに送付したが、3月10日現在、禁止情報を含む3168件のコンテンツが削除されていない。

Twitterがすべての違法なコンテンツを削除しない限り、「ブロックに至るまで」ツイッターに対して措置を講じる可能性があるという。またツイッターによる情報配信も脅威リストに加えられている。

関連ニュース

タグ
ツイッター
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント