19:58 2021年04月11日
社会
短縮 URL
0 46
でフォローする

英タブロイド紙デイリー・メールは、労働党消息筋を引用し、ヘンリー英王子の妻メーガン妃(メーガン・マークル)について、おそらく2024年米大統領選挙に出馬する意向だとの見方を報じた。

消息筋によると、トニー・ブレア元英首相(労働党)の支持者と民主党員は、「メーガン・マークルの政治的野心」について活発に議論しているという。デイリー・メールが報じた。

またメーガン妃は6年前の女優時代、ジャーナリストのピアーズ・モーガン氏のインタビューで、子どもの頃は大統領になりたいと思っていたと語っていた。

報道によると、メーガン妃は、バイデン米大統領が2024年米大統領選挙に再出馬しなかった場合、自身が出馬する意向。

メーガン妃が政治的キャリアを築くためにはその称号を放棄することが必要となるが、それはメーガン妃にとって十分に自覚した上での行動になるという。

オプラ・ウィンフリーとのロングインタビュー

ヘンリー王子とメーガン妃は先週、米国の有名なテレビ司会者オプラ・ウィンフリー氏のロングインタビューに応じた。波紋を呼んでいるこのインタビューについて、英国人の約半数が容認できないとの考えを示した。


関連ニュース

ウィリアム王子 ヘンリー王子とメーガン・マークル妃の批判に返答:「私たち家族は決して人種差別などしない」

タグ
英国, メーガン妃
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント