08:00 2021年04月15日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

露シベリア のケメロヴォで、マンモスの後ろ足の骨が発見された。ケメロヴォ上下水道局の従業員が、水道管の修理をしていた際に見つけた。クズバス国立郷土博物館が15日、発表した。

マンモスの骨は同博物館に引き渡された。マンモスの骨は、調査が行われた後、博物館に展示されるという。

マンモスの遺骸は、建設工事や修理作業中に偶然発見されることがよくある。

マンモスの骨

2020年5月、メキシコ国立人類学歴史研究所の研究者らは、メキシコのフェリペ・アンヘレス新国際空港の建設地で60頭のマンモスの遺骸と15人の埋葬跡を発見したと発表した。これらの遺骸は前ヒスパニック時代のものと推定される。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント