03:09 2021年09月22日
社会
短縮 URL
0 72
でフォローする

ジョー・バイデン米大統領は18日の演説で、カマラ・ハリス副大統領を誤って「大統領」と呼んだ。こうした言い間違いはこれまでにも確認されている。Foxニュースが報じた。

バイデン氏はワクチン接種の成果についてコメントしている中で、「ハリス大統領と私が……」と発言した。

こうした言い間違いはこれまでにも確認されている。大統領選で勝利する以前の2020年9月、バイデン氏は将来の政権について「ハリス政権」と言い間違えた。その際、リアノーボスチ通信が取材した専門家らは、バイデン氏に職務能力が無いとコメントしていた。

仮にバイデン氏(78)が2年以下の任期を残して大統領職を辞任する場合、副大統領が首脳に就任する。

関連ニュース

タグ
米国, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント