08:44 2021年04月21日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

先日英国のエリザベス女王に贈られた2匹のコーギー犬の名前が決まった。1匹は第一次世界大戦で亡くなった叔父にちなんで、もう1匹は邸宅付近のスコットランドの湖にちなんで名付けられた。英サン紙が報じた。

先に、同紙は夫のフィリップ殿下が入院し、孫のヘンリー王子と妻のメーガン妃は英王室を離脱するなど、家族の危機を抱えるエリザベス女王を元気づけるために、新しい子犬2匹が贈られたと報じた

1匹(コーギーとダックスフントのミックス)は、第一次大戦中ルースの戦いで26歳にして亡くなった女王の叔父ファーガス・ボーズ=ライアンにちなんで「ファーガス」と名付けられた。もう1匹(コーギー)は、女王のお気に入りスポットであるスコットランドのマイック湖にちなんで「ミック」と名付けられた。

同紙の情報筋によると「どちらも非常に適切で、女王にとって大切な名前だ」という。

エリザベス女王の母は98年前、自身の結婚式の際、兄のファーガス・ボーズ=ライアンを偲んで手にしていたブーケを無名戦士の墓に捧げた。それ以来、王室の花嫁は自身のブーケを無名戦士の墓へ手向けることが慣習となっている。

2020年12月、エリザベス女王の愛犬であるドーギー犬(コーギーとダックスフントのミックス)の「バルカン」が死去したことが明らかになった。これで女王が飼う犬は同じくドーギー犬の「キャンディー」1匹のみとなったと報じられていた。

女王が最初に飼ったコーギー犬「スーザン」は18歳の誕生日に贈られた。先に、愛犬家であるにもかかわらず、犬たちを後に残したくないという理由から、女王はもう犬を飼わないと決めたとも報じられていた。

関連ニュース

タグ
ペット, 英国, エリザベス2世
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント