07:40 2021年04月22日
社会
短縮 URL
0 72
でフォローする

サンクトペテルブルク市で行われたコスプレイベントで、未成年らがLGBT運動の象徴となっているレインボーフラッグを使用してプロパガンダに関与したとして、10人近くの未成年が警察に連行された。治安当局の消息筋による証言をもとにリアノーボスチ通信が報じた。

サンクトペテルブルクのリゴフスキー・プロスペクトでは21日、コスプレ関連のイベントが開催された。

イベント参加者らがLGBTのプロパガンダを行っているとの通報が警察に入り、駆けつけた職員らによっておよそ10人の未成年が連行された。いずれも保護者のもとへ引き渡されている。​治安当局は正式な発表を行っていない。

現地メディアによると、連行された若者らはサンクトペテルブルクにあるアートスペース「ロフトプロジェクト・エタジー」で開催されたコスプレイベントに参加し、レインボーフラッグを振り回したという。これにより、他の参加者との間でトラブルになっていた模様。

ロシアでは未成年を対象に同性愛を宣伝することが法律で禁止されている

関連ニュース

タグ
事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント