16:14 2021年04月21日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

第二次世界大戦のために1940年代に学業を放棄せざるをえなかった功労軍人が77年を経て、96歳で卒業証書を受け取った。インサイダーが報じている。

レイモンド・シェファーさんは戦後、プラント製造メーカーに就職し、数十年間、勤務した。その間に、昔、シェファーさんが通っていた高校は1959年に廃校となってしまった。

シェファーさんの友人らの話では、シェファーさんは学校を卒業できなかったことをとても残念がっていた。シェファーさんと一家と親しい、友人のシンシアさんはシェファーさんがよく「学校の卒業証書は欲しかったなぁ。でも俺はあまりに頭が悪いあからなぁ」とぼやくのをよく聞いていた。シンシアさんは友人のこの弁は違うと考えていた。シェファーさんは「家計を助けようと学業を放棄していた」ことを知っていたからだ。

シェファーさんの友人たちが学校の指導部と話をしたおかげで学校側はシェファーさんを卒業生として認めることに同意した。シェファーさんのために特別な式が用意され、名誉の卒業証書と記念メダルとが渡され、式服のマントと帽子が贈られた。式には友人、家族のほか、学校に通う学生らが集まり、オーケストラが演奏した。

​卒業式でデン・フォスター学長は「レイモンドさんが働いたのは自国のためだけではありません。全世界のためにも働いたのです」と述べた。シェファーさんは式でこの日を「ずっと待っていた」こと、自分にとってこれは「とてもとても大事なこと」だったと語っている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント