01:46 2021年09月22日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

ロシアのトヴェリ市住民は2020年に3億3500万ルーブル(約5億円)の宝くじに当たったが、しかし、その受け取りに今だ現われていない。宝くじの主催者がロシアメディアに語った。

国営宝くじの当選者は、2020年12月に郵便局で宝くじ券200ルーブル分(約290円)を購入したトヴェリ市住民であることは知られている。この人物は3億3500万ルーブルを得る権利を持っている。この賞金はトヴェリ州では記録的な額で、また、昨年の宝くじの高額賞金トップ3に入る。

規則では当選者は結果発表後の195日以内に賞金を受け取ることができる。それでも当選券を提示しなかった場合、3年の猶予があり、その後、全額が国家予算に納められることとなる。

宝くじの主催者は、最終的に当選者が賞金の引き取りに現れ、サクセスストーリーと賢いお金の使い道について語ってくれることを期待している。

1月には、宝くじで大当たりを出したが、当選券をバーに置き忘れたイタリア人について報道されている。また、3月には、当選番号を当てたにも関わらず、宝くじ券を購入し忘れた英国の女子学生が話題となった。

タグ
宝くじ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント