17:58 2021年04月15日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

豪州でワニがうようよする川を自動車で泳ぎ渡ろうとしたふたりがはまり込み、ルーフの上で一夜をあかすことになった。ガーディアン紙が報じた。

4月3日夜、豪ダーウィン市から西の川で乗用車が水にはまりこみ、車内にふたりが閉じ込められた。ふたりはレスキュー隊に通報したが、水位が窓まであがってきたため、ルーフに出ることを余儀なくされた。

レスキュー隊のボートは大型で、出動するには水深は余りに浅かったため救出には向かえず、ふたりは屋根の上で恐怖の一夜を過ごした。翌朝6時に多少小型のボートが調達されたおかげで、ようやくレスキュー隊は現場に向かうことができた。

救出劇が終わったとき、今回は全員、運がよかったことがわかった。実はこの川にはワニがうようよしており、簡単に車に泳ぎ着くこともできたからだ。ふたりを救出する際はあたりは暗く、視界が悪かったため、レスキュー隊はワニには気づかなかった。

豪州では先日、体長4メートルのワニが海から這い出てきて、漁師の目の前で2匹のサメをたいらげ、周囲を圧倒している。その様子を収めた動画が大きな話題を呼んだ。

関連ニュース

タグ
オーストラリア, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント