02:38 2021年07月28日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

美人コンテスト「ミセス・スリランカ2021」の授賞式で、優勝者と審査員の間で争いが生じた。審査員として参加した過去大会の優勝者が結果に不満を持ち、今大会の優勝者から王冠を取り上げた。BBCが報じた。

今大会では、プシュピカ・デ・シルヴァさんが優勝したが、審査員として参加した過去大会の優勝者のキャロライン・ジュリーさんが結果に不満を抱き、デ・シルヴァさんは現在離婚しているため大会に参加することはできないとして王冠を取り上げ、別の参加者に王冠をかぶせた。デ・シルヴァさんは泣きながら舞台を去った。

​なお、その後、コンテストの主催者はデ・シルヴァさんに王冠を返還し、謝罪した。

デ・シルヴァさんはフェイスブックで、離婚を否定した。

関連記事

タグ
スキャンダル, びっくり, モデル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント