22:31 2021年04月23日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

フォーブス誌の調べで、2021年の最年少億万長者はドイツの18歳のケヴィン・ダヴィド・レマン氏となった。同氏は独の薬局チェーン「Drogerie Markt」の資産の50%を相続した。

フォーブス誌によればケヴィン・ダヴィド・レマン氏はドイツの薬局チェーンDrogerie Marktの資産の50%を父親のギュンター・レマン氏から公式的に相続し、億万長者の1位に姿を現した。ケヴィン・ダヴィド・レマン氏は14歳ですでに父親から資産の半分を譲りうけていたものの、18歳になり、合法的に相続した財産を再配する権利を得た。

現在、ケヴィン・ダヴィド・レマン氏の資産額は試算で33億ドル。2020年の世界最年少億万長者はカーダシアン=ジェンナー一家のカイリー・ジェンナー氏(現在23歳)。ところがフォーブス誌は、米化粧品メーカー「コティ」によってカイリーコスメティックスの資本の51%が6億ドルで買収されたことから2020年夏にはカイリー・ジェンナー氏の資産を見直し、これによってカイリー氏は億万長者のステイタスから外されている

関連ニュース

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント