12:42 2021年05月06日
社会
短縮 URL
0 100
でフォローする

イタリア中部ウンブリア州ペルージャ県にある教会の司祭が恋に落ち、恋に生きることを決めた。AFP通信が報じた。

AFPによると、ペルージャ県にあるサンフェリーチ教会のリカルド・チェッコベリ司祭(42)が、恋に落ちたことを告白した。チェッコベリ司祭は11日のミサで信徒らに対し、「自分でした約束を破ることはこれまで一度もなかったが、私は恋に落ちている」と告白し、「私はこの恋に生きようと思う」と語った。

なお、司祭が恋をしている相手についての情報はない。

チェッコベリ司祭は司教の祝福を受けた後、聖職から離れて俗人に戻るための手続きを開始したという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント