14:16 2021年05月09日
社会
短縮 URL
0 02
でフォローする

Googleはコロナウイルスのパンデミックで自宅からのテレワークにすっかり慣れ、四六時中オフィスに座りっぱなしの生活には戻りたくないと思う従業員のためにオフィス改造を決めた。ザ・ニューヨークタイムズ紙が報じた。

ザ・ニューヨークタイムズ紙によれば、オフィス改造にあたってGoogleが社員らに未来のオフィスに何を望むかを尋ねるアンケート調査を行ったところ、「IKEA(イケア)LEGOのミックス」という答えが返ってきたという。

改造でGoogleの壁はセロファン製になり、社員の隔離が必要となった場合、ロボットが空気を入れて膨らますことができる。またデスクもそれぞれの社員に対応したものとなるほか、換気システムも社員の座る位置によって風の強さを調節することができるモバル型となり、これで社員に快適さが約束される。

Googleは今年2021年の間にオフィスの10%ほどを新デザインに改造する計画。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント