19:52 2021年06月15日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

活発化し始めたファグラダルスフィヤル火山が敷地内にある土地を所有するアイスランドの家族が、その土地を売却することを決めた。当局はその活火山を「熱い」旅行ツアーの目玉にすることを望んでいる。ブルームバーグが報じた。

この家族はすでに購入を検討している人たちからいくつかの提案を受けている。

ブルームバーグに対し、火山のあるフラウン農場を所有する19人の相続者の1人であるアンナ・トルディス・グズムンズドッティル氏は、「『この土地』は適切な価格で販売されることになる。私たちはすでに少なくとも2つの提案を受けている」と語った。この土地はアンナ氏の家族が数世代にわたり所有してきたが、販売が考えられたことはなかった。

​アイスランドのカトリーン・ヤコブスドッティル首相は、テレビチャンネルRUVのインタビューに、当局はフラウン農場の購入を計画していないが、火山の噴火場所を観光名所とするための資金は提供すると強調した。同首相によれば、当局は、一般公開される条件でこの対象地への必要なインフラ整備に7000万クローネ(約12億5046万円)の支出を用意している。

同火山は首都レイキャビクから車でわずか1時間のところに位置し、人気の旅行スポットの1つになる可能性がある。

関連ニュース

タグ
アイスランド, 火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント