22:34 2021年06月24日
社会
短縮 URL
0 03
でフォローする

11歳にしてバラク・オバマ大統領(当時)にインタビューを行ったデイモン・ウェーバーさんが23歳で亡くなった。米紙パーム・ビーチ・ポストが報じた。

報道によると、ウェーバーさんは5月1日、自然死により他界した。ウェーバーさんの死については家族が発表を行った。

​ウェーバーさんは小学生だった当時2009年8月、オバマ大統領と面会してインタビューに成功した。取材はおよそ10分間続いた。その際ウェーバーさんは大統領に対し、学校や教育について12個の質問を行った。

​ウェーバーさんはそれ以前にもジョー・バイデン副大統領(当時)や有名バスケットボール選手のドウェイン・ウェイドさんなど、多数の著名人へのインタビューを成功させていた。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント