19:20 2021年06月15日
社会
短縮 URL
0 09
でフォローする

EU(欧州連合)加盟諸国は、EU内で承認されたコロナワクチンの接種を完了した旅行者を対象にEU領内への入国を認めることで合意した。関係者の話をもとにAFP通信が報じた。

国境開放とそれに伴うワクチン接種証明については、5月25日に行われるEU首脳会議緊急会合の重要な議題になると予想されている。

AFP通信によると、現時点で対象となるのは欧州医薬品庁(EMA)の承認を受けたワクチンのみという。一方でAFP通信は、欧州員会の推奨事項はEU諸国で承認されたが、強制力はもたないと強調している。

EU加盟国は、全27か国で3月初旬に認められたワクチン接種証明書の導入について協議する。欧州委員会が提案する「デジタル・グリーン証明書」の内容は、ワクチン接種情報、COVID-19罹患歴、PCR検査結果の3点が想定されている。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント