21:28 2021年06月13日
社会
短縮 URL
0 40
でフォローする

理論物理学者アルベルト・アインシュタインの手書きの手紙がオークションにかけられ、120万ドル(約1億3070万円)超で落札された。手紙には、方程式E=mc2が書かれていた。オークションの開始価格は約40万ドルだった。落札者の名前は非公開。BBCが報じた。

手紙は1枚で、ドイツ語で書かれており、1946年10月26日付けで、アインシュタインの複数の理論に挑戦したポーランド系米国人物理学者ルドビグ・シルバースタインに宛てたもの。

手紙の冒頭には「あなたの質問には、E = mc2の方程式に基づき、いかなる博学なしで答えることができる」と書かれている。

アインシュタインが導き出した方程式E=mc2は、質量とエネルギーの等価性をあらわしており、世界で最も有名な物理学の方程式の1つ。

オークションハウスによると、E=mc2を記したアインシュタインの自筆の文書で存在が知られているのは、世界にわずか4つしかない。

先に米ニューヨークでスペインの画家パブロ・ピカソの絵画が1億340万ドル(約113億円)で落札された。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント