06:51 2021年06月14日
社会
短縮 URL
0 104
でフォローする

米海軍が海中を「素早く移動」する未確認物体を発見した。同軍によれば、専門家も最新技術でも解明することができなかったという。ミラー紙が報じた。

メディアによれば、米国潜水艦がソナーで未確認物体を確認した。その時間と場所については明らかにされていない。

これらの情報は動画公開から1週間後に提示された。画像では米海軍の艦船USSオマハと並んだある黒い物体を目にすることができる。報道によれば、米国防総省はこの事態は2019年に発生したことを確認している。

ミラー紙は、未確認物体が撮影された動画は公式調査の中でネット上に漏洩し、その報告はジェームズ・ウールジー合衆国国家情報長官と他の米国機関が6月に議会に提出することを予定していると報じている。

この間、米軍は、サンディエゴ沖で撮影された未確認飛行物体の動画の信憑性を確認した。

バラク・オバマ元米大統領は、米国の深夜トーク番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演し、米国防総省の機密アーカイブには、その動きの原理を説明することができない、所謂「空飛ぶ円盤(UFO)」の画像が保管されていると語った

タグ
アメリカ軍, 米国, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント