11:55 2021年06月13日
社会
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (321)
0 90
でフォローする

法律家で社会活動家の宇都宮 健児氏による東京五輪の開催中止を求める署名活動がすでに40万人以上の署名を集めた。署名活動は、「大会を強行」しようとする国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、政府、東京都、および公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に対して、その中止を求めている。

宇都宮氏の「人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます Cancel the Tokyo Olympics to protect our lives」と題された署名活動は5月5日から開始された。請願の宛先はIOCのトーマス・バッハ会長、IPCアンドルー・パーソンズ会長、丸川珠代五輪相、五輪組織委員会の橋本聖子会長、東京都の小池百合子知事。

日本では現在、コロナウイルスの感染拡大が抑制できず、東京、大阪をはじめとする全国10の都道府県に非常事態宣言がしかれており、5月末の期限後も大方の自治体で6月20日まで延長される見込み。

東京五輪の開催中止を求める署名活動は目的である開催中止が実行されるまで続けられる。ただし35万人の署名が集まった段階ですでに東京都と五輪、パラリンピック組織委員会には手渡されている。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (321)
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント