18:46 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロブスターを捕獲する米国人の男性ダイバーが、漁の最中にマサチューセッツ州の沿岸でザトウクジラの顎に捕まった。その後、クジラは男性を吐き出し、男性は一命を取り留めた。

無事生還したマイケル・パッカードさん(56)は、「突然、信じられないほどの強い衝撃を感じ、気がつくと完全な暗闇だった。私は自分が動いているのを感じ、クジラが口の中の筋肉を圧迫しているのが分かった」と地元紙ケープゴットタイムズで語っている。

パッカードさんは、最初はサメに食べられたのかと思ったが、歯がないことからクジラの口の中にいることに気がついた。男性は、クジラの喉元で死を覚悟し、息子たちのことを考えたという。

パッカードさんによると、クジラはパッカードさんを飲み込んだ瞬間、クジラは不快感を覚え、激しく頭を振り始めた。そしてクジラはパッカードさんを吐き出したという。

その後、パッカードさんは病院に搬送された。救急隊員には軟骨組織の損傷を発見した。しかし、それ以外には重要や骨折はなかったことから、パッカードさんは退院することとなった。

研究者らによると、こういった事件が起こるのは極めて稀。ザトウクジラは通常、人間に危害を及ぼすことはなく、小魚などの海の動物を食べるときに偶然人間を飲み込むことがあるのみだという。

関連ニュース

タグ
動物, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント