19:28 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 80
でフォローする

フランスの年金受給者シャビエル・ブジェさん(80)は、ハトを救出して以来、このハトと無二の友となった。ガーディアンが報じた。

シャビエルさんはある時、自宅の近くでハトの雛が猫から逃げようとしている緊迫した場面を目撃した。シャビエルさんは「今日はこの生き物にとってもツイてない日なんだな」と思い、自宅に入った。

シャビエルさんが目撃したことを妻に話すと、妻は、なぜハトの雛を助けなかったのかと責めた。シャビエルさんはハトを助けに行き、このハトを「ブランション」と名付け、小さなブランションをポケットに入れて帰宅した。

それ以来、シャビエルさんとブランションは無二の友となった。シャビエルさんは「私たちは一緒にいます。それが私たちにとって心地いいからです」と語っている。シャビエルさんは、どうやってブランションを飼いならしたのかと尋ねられたときにはいつも、動物の存在、そして動物が人間と地球を共有していることに対して、まずはじめに動物を尊重する必要があると答えているという。シャビエルさんは「忍耐力を持ち、動物たちがどのように生きているかを理解し、彼らが人間の生活に適応しているように彼らの生活に適応する必要がある」と語っている。

関連ニュース

タグ
フランス, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント