10:55 2021年07月25日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

英スコットランドの首都エディンバラに住む86歳の年金受給者メアリー・マーシャルさんが、ひいひいひいおばあちゃんになった。3週間前、一家には大家族の6世代目となる女の子ナイラちゃんが誕生した。英BBCが伝えた。

6世代が健在する家族は英国でも数少ない。この一家の長である現在86歳のメアリー・マーシャルさんは、8人の子供を持ち、現在は90人もの孫やひ孫を抱えている。そして最近、来孫となるナイラちゃんが大家族の新たな一員として迎えられた。

大家族で母親となっているのは、メアリー・マーシャルさん自身の娘、孫、玄孫である。しかも、ナイラちゃんの母親(17歳)以外は全員、過去、または現在もベビーシッターとして働いており、皆、18歳以下で出産したとのこと。一家は全員、エディンバラに住んでいる。

​インドで、妻38人、子ども89人を持っていた世界最大の家族の長が亡くなったというニュースについては「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

関連ニュース

タグ
子供
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント