09:17 2021年07月29日
社会
短縮 URL
ミャンマーでのクーデター (47)
0 22
でフォローする

5月に日本・千葉県で行われたサッカーFIFAワールドカップ予選で、ミャンマー国軍への抗議を示し、帰国を拒否した同国ピエ・リアン・アウン選手(27)が22日、大坂出入国在留管理局に難民認定を申請した。共同通信が報じている。

出入国在留管理庁は、帰国すれば迫害を受ける恐れがあるとして、認定の手続きを迅速に進めるという。

同選手は5月下旬に来日し、5月28日の対日本戦でミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた。

ミャンマーでは今年2月1日に軍事クーデターが起こり、国軍がアウン・サン・スーチー国家顧問兼外相など民主政権の幹部を拘束し、政権を奪取したことを宣言。

ピエ・リアン・アウン選手は今月16日に他選手とともに帰国する予定だったが、関西空港で帰国拒否の意思を示した。

トピック
ミャンマーでのクーデター (47)
タグ
ミャンマー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント