07:24 2021年07月29日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

イーロン・マスク氏は、ポップシンガーのブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」に支持を表明した。マスク氏は自身のツイッターに賛同の投稿を行った。

この間、ブリトニー・スピアーズさんは裁判の審理の中で、2008年から続く父親のジェイミー・スピアーズ氏の成年後見から自由になることを要求していた。彼女は、自分の人生を生きることができずにおり、自らの権利を回復させるつもりだと強調した。ブリトニー・スピアーズさんは、成年後見を屈辱的なものと呼び、これに関与した父親と他の全員を非難した。

裁判では彼女の要望は認められなかった。訴訟資料によれば、裁判ではブリトニー・スピアーズさんを「実質的に自身の財産管理が不可能または詐欺行為や不適切な勢力に対応することが困難」であると認定した。しかし、彼女はさらに申し立てすることができる。

  • ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    © REUTERS / Mario Anzuoni
  • ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    © REUTERS / Mario Anzuoni
  • ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    © AP Photo / Chris Pizzello
  • ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」
    © AFP 2021 / Frederic J. Brown
1 / 4
© REUTERS / Mario Anzuoni
ブリトニー・スピアーズさんの成年後見からの自由を求める運動「Free Britney」

 

後見人のもとでどのような状態にあったかについてブリトニー・スピアーズさんが衝撃的な告白を行った後、ニューヨーク・タイムス紙の記者らはこのスキャンダルについて読者が知ることのできないさらなる問題について明らかにすることにした。

記者らは独自調査を実施し、その中で、彼女のSNSに頻繁に登場するようになったとても奇妙で矛盾した投稿の理由を明らかにした。彼女のすべてのアカウントは特別に雇われたマネジャーが管理を行っていることが判明した。

報道によれば、彼女のSNSの運営には約10人が関与している。彼らは、ブリトニー・スピアーズさん抜きで毎週木曜日に集合し、彼女のアカウントの更新を含め検討を行っている。通常、ブリトニー・スピアーズさんが自分の投稿を自分で用意するが、その後、コメントに校正を加え、彼女の公式アカウントに投稿を行うメンバーに転送がされていると考えられる。また、いくつかの彼女の投稿は結果的に発表されることがなかったと報じられている。特に、ブリトニー・スピアーズさんは、彼女の後見の条件について公に発言する権利を奪われているという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント