01:46 2021年08月06日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

コーヒー豆のアラビカの価格が7月、2016年以来最高額に達した。高騰の原因としては豆の不作の他に、ブラジルの干ばつ、コロンビアの抗議行動、海上運輸のタリフが急上昇したことが挙げられている。ウォールストリートジャーナルが報じた。

ウォールストリートジャーナルの報道によれば、ニューヨーク証券取引所ではアラビカ豆の供給契約額がここ3か月間で18%超上昇し、450グラム強に対する価格が1.51ドルに達した。

価格高騰の原因のひとつには、アラビカが主要なコーヒーであるブラジルを襲った干ばつがある。ウォールストリートジャーナルによれば、ブラジルの干ばつはほぼ100年ぶりの最もひどいもので、プランテーション農園主らは20年ぶりの不作になると予想している。

ブラジルの他のコーヒーの生産国はコロンビアとベトナムだが、この2国も収穫で大きな問題を抱えている。ウォールストリートジャーナルによると、コロンビアでは抗議市民が道路や港を封鎖しており、コーヒー豆の流通が滞っている。ベトナムはパンデミックとコンテナー船不足から海上輸送費の高騰のあおりを受けている。

関連ニュース

タグ
コーヒー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント