20:42 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

サンドイッチのファーストフードチェーン店「サブウェイ」のジョン・チッジー社長はCNNからの取材に対し、店で取り扱うツナサンドには100%本物のツナが使われていると答えた。

チッジー社長いわく、ツナのDNAは調理後、性質が変化するため、実験室の調査でも信頼に足る結果が得られなかった。

「みなさん、当店のツナがお好きなんですよ。うちのツナを一同とても誇りにしています。ですから、今回のスキャンダルもこれで収束するでしょう」チッジー社長はこう語っている。

チッジー社長はサイトmetrotunafacts.comを見れば、ニューヨークタイムズ紙が実験室に依頼した調査の結果がなぜあのようになったかが科学的見地から説明されていると示している。

​2020年の初頭、サブウェイはカリフォルニアでツナサンドにツナは入っておらず、魚に似せた内容物しか入っていないとして、客から訴えられた。 

6月ニューヨークタイムズ紙は実験室に依頼し、サブウェイのツナ・サンドを調査したものの、使われている魚からはツナを示す痕跡が見つからなかった。

関連ニュース

タグ
漁師, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント