20:55 2021年08月01日
社会
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国では新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われた2020年、薬物の過剰摂取により9万3000人以上が死亡した。死亡率は前年比で29%の増加となった。14日に発表された米疾病予防管理センター(CDC)の見通しで明らかになった。

CDCのデータによると、米国では2019年、薬物の過剰摂取による死者数は7万2000人だった。パンデミックの開始から1年で薬物の過剰摂取による死亡率は29パーセント以上も増加した。 

CDCによると、米国では2020年、薬物の過剰摂取により9万3331人が犠牲になった。死亡例のうち60%は麻薬性鎮痛剤「オピオイド」(フェンタニル)の過剰摂取によるものだった。 

AP通信が引用している専門家らの見解によると、死亡率は新型コロナウイルスのパンデミックにより劇的に増加したという。パンデミックにより、人と人の交流が遮断され、依存症の治療がより困難になったと専門家らは指摘する。死亡率は特にパンデミック以前から薬物への依存度が高かった市民の間で増加傾向にある。

政府が大規模な経済支援策を講じ、さらには支払い能力のないアパート入居者らの強制退去を禁じたことにより、依存症の傾向が強かった市民らの間で薬物の過剰摂取をさらに助長させる結果になった模様。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント