18:02 2021年10月17日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

中国政府は第3子の出産に課せられていた罰金や制限を撤廃した上で出生率の向上を促す全面的な体系作りに舵を取った。出産率向上の刺激策は中国国家院が7月20日に発表した決定の中に記されている。

決定には「社会保険料やその他の制限措置の撤廃が決定された。社会保険料の支払いが廃止され、これに関連する罰金の規定が見直しされ、廃止された」と指摘されている。

書面によれば、こうした積極的な出産率向上の刺激策は2025年までの間に構築され、3歳以下の児童のいる家庭には出産、育児、子育て、教育にかかる費用を縮小する目的で税の控除策、住居の優遇策も検討される。

「二人っ子政策」の廃止は5月末に明らかにされていた。

関連ニュース

タグ
子供, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント