01:44 2021年09月19日
社会
短縮 URL
0 41
でフォローする

暑くて寝苦しい夜にはつい扇風機をつけっぱなしで寝てしまう人が多いが、健康な睡眠を追求するポータル 「スリープ・アドバイザー」の専門家らはその睡眠に潜む危険を警告している。デイリーメールが紹介している。

「スリープ・アドバイザー」の専門家らは暑さから扇風機を頻繁に使用すると喘息の発作やアレルギーの悪化を招くことがあると警告している。

「扇風機をよくごらんください。プロペラに埃が付着している場合、それが回るたびに埃は拡散されてしまいます」デイリーメールは専門家の忠告を引用している。

それに深夜に涼しい風に当たりすぎると、顔の皮膚は極度に乾燥し、がさがさになってしまう。また頭や肩を冷やし過ぎてしまったり、悪寒を呼んでしまうこともある。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント