09:38 2021年09月27日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

シカゴ大学ベッカー・フリードマン経済研究所が実施したアンケート調査によると、リモートワークに慣れた米国市民の10人中4人が、オフィスワークに戻ることよりも、辞めることを選択する構えであることがわかった。中には、より高い給料を犠牲にする覚悟がある人たちもいた。

アンケート調査には2000人以上が参加し、8月1日からオフィスワークに戻って週5日またはそれ以上勤務しなければならなくなった場合にどうするかについて回答した。

調査では、回答者の58%が、言われたとおりにすると答え、36%が、週に少なくとも1~2日はリモートワークが許可される別の仕事を探し始めると回答した。一方、このような仕事が見つからなかった場合は、雇用主の条件を受け入れてオフィスワークに戻るだろうと答えた。

また、回答者の6%は、リモートワークができる仕事探しの結果に関係なく、辞めると回答した。

関連ニュース

タグ
米国, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント