23:35 2021年09月20日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

1981年の英チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の結婚式で用意されたウエディングケーキの一部が、英競売商ドミニク・ウィンター・オークショニアズで出品され、入札開始価格の5倍の1850ポンド(約28万円)で落札された。米CNNが報じている。

英王室コレクションの専門家クリス・アルバリー氏は、「ウエディングケーキは、多くの人々の想像力と財布をつかんだようだ。1850ポンドという落札価格には驚いた」と語っている。

このケーキは300〜500ポンドで落札されるだろうと思われていたが、実際には数倍以上の値がついた。

​出品されたケーキの大きさは20センチ×18センチ、重さは794グラム。このケーキは結婚式後、王室に仕えていたモイラ・スミスさんに与えられたもので、ラップに包まれ、古い焼き菓子用の型に40年間保存されていたという。

チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の結婚式では、高さ1.5メートル、重さ102キロの結婚式のメインとなる多層のフルーツケーキをはじめ、合計23個のケーキが用意された。結婚式後、英王室の邸宅クラレンス・ハウスの職員に感謝を伝えるためにケーキは切り分けられ、その一部がスミスさんに与えられたという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント