23:39 2021年09月20日
社会
短縮 URL
0 61
でフォローする

ロシア人男性1人が亡命するため、南クリル諸島クナシル島(日本の表記は国後島)から海を泳ぎ、北海道東部に漂着した。その後男性は、札幌の入国管理局に移送された。

北海道東部の標津町に漂着したロシア人男性は「亡命のためにクナシル島から泳いできた」と話しているという

ロシア人男性がいつ日本に到着したか、実際に泳いできたのかも含め、札幌出入国在留管理局が今後詳しい経緯を調べる。

クナシル島から北海道東部の沿岸部までは約20キロある。

関連ニュース

タグ
クリル諸島, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント