10:23 2021年09月27日
社会
短縮 URL
0 03
でフォローする

東京パラリンピックの警備のため東京都に派遣されていた山梨県警職員が、宿舎内で飲酒したうえで外出し、一般市民と口論になるトラブルを起こしていたことがわかった。派遣された警察官全員が任務から外れ、帰任したという。時事通信が報じた。

山梨県警関係者の話として時事通信が伝えるところによると、28日深夜、複数の警察官が内規に反して宿舎内で飲酒。その後5-6人が外出して市民と口論になり、目撃者が110番通報した。性風俗店を利用した警察官もいたという。

山梨県警は、事実確認中のためコメントできないとしている。

関連ニュース

白金高輪駅の硫酸事件 「学生時代にため口でトラブルになった」

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント