11:02 2021年09月27日
社会
短縮 URL
0 05
でフォローする

TikTokがユーザーが見る動画を決定するために使用しているアルゴリズムが、13歳以上の子どもたちに性的なコンテンツや薬物、アルコールに関する動画の視聴を勧めていることが分かった。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記者がTikTokで大規模な調査を行ったところ、明らかになった。

記者らは今回、TikTok で13歳から15歳に年齢を設定した調査用のアカウントを31個作成した。そのアカウントの「子どもたち」は、TikTokでOnlyFansという言葉を検索フォームに入力し、性的なコンテンツをいくつか視聴した。するとTikTokのアルゴリズムは、ユーザーの年齢に関わらず、以前のリクエストに似たコンテンツを自動的にピックアップしていたのだった。

英紙デイリー・メールによると、TikTokは違法薬物やアルコールに関する動画を検索した際にも似たようなコンテンツの視聴を勧めてきたという。

WSJの記者らがこの問題についてTikTokにコメントを求めたところ、広報担当者は、架空の「ティーンエイジャー」の行動は、動画を見ている実際の人々の行動や経験を反映したものではないと回答したという。

関連ニュース

タグ
TikTok, 子供, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント