00:10 2021年09月26日
社会
短縮 URL
0 14
でフォローする

8月、映画『ミッション:インポッシブル』の第7作目の撮影が終了したと発表された。同作品の撮影は1年にも及んだが、撮影現場では珍事件も起きたという。英国での撮影時には、あることが原因で放牧中の牛が失神する出来事が起きている。英紙「ザ・サン」が報じた。

この出来事は、英国の国立公園「湖水地方」での撮影で起きた。

同作品には、イーサン・ハント役のトム・クルーズさんがパラシュートで着地するシーンがある。クルーズさんは、この場面を4度撮影したが、その間、スタッフはドローンがクルーズさんの近くを飛行しないように高周波ノイズ(超音波)を使用していた。

すると、周辺で放牧中の牛が失神してしまった。同紙によると、この超音波は非常に強力だったため、撮影現場周辺の動物に影響を及ぼしたものの、装置の電源を切ると、牛たちは意識を取り戻したという。

関連ニュース

タグ
映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント