02:13 2021年10月19日
社会
短縮 URL
0 05
でフォローする

デンマークの美術館が作品を提出せず、その行為を『金を取って、逃げろ』というインスタレーションと命名したアーティストに8400ドルを支払った。ブルームバークが報じた。

デンマーク人アーティストのイエンス・ハアニング氏はデンマークのアアボルグ市の現代美術館が新たに作品を制作するために自分に支払った8万4000ドルを着服し、その行為を芸術作品と命名して逃走した。

ギャラリーの代表の話では、ハアニング氏は展覧会のキュレーターとの間に自分の初期の作品の1点を展覧会のために特別に復刻する契約を締結していた。元の作品は2つのガラスの額で、中には紙幣が入っており、平均的なオーストリア人とデンマーク人の年収が比較されていた。

金を受け取って、数か月後、ハアニング氏はアアボルグ市の美術館宛てに何も絵の入っていない2つの額の入った小包を送った。額には『金を取って、逃げろ』と書かれていた。

美術館はハアニング氏に対し、展覧会が閉幕する1月までに支払いを返却するよう求めており、返却されない場合は美術館の幹部は警察に訴えることを明らかにしている。これに対してハアニング氏は、自分は契約の条件は完全に満たしており、作品も提出したとして支払いの返却を拒否している。同氏はDRテレビからの取材に「芸術作品とは自分が相手の金を取ったことにある」と語っている。

関連ニュース

タグ
芸術, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント