12:36 2021年10月16日
社会
短縮 URL
0 06
でフォローする

中国疾病予防管理センター(中国CDC)の高福(ガオ・フー)所長は、世界は今後、その特徴はまだ誰にも知られておらず、いたるところで、いかなる時にも出現する可能性のある、所謂「ウイルスX」に必ず直面するとの確信を示した。

高氏は「世界はコロナウイルスのパンデミックだけでなく、実際の情報と偽りの情報が混ざり合うインフォデミックなど、その他の一連の問題にも直面した。これは解決しなければならない多くの噂や問題を生み出す」と指摘した。

こうした上で、高氏は「人類の未来のために、我々は共に問題を解決する必要がある。したがって、私は『4Cの原則』、すなわち、協力(cooperation)、競争(competition)、コミュニケーションおよび情報交換(communication)、そして(時には第三者との)調整(coordination)を提案する」と強調した。

この原則の中で、高氏は情報交換に着目した。世界中の科学者がこのような短期間でコロナウイルスワクチンの開発に着手できたのは、中国側のまさにオープンな情報交換によるものだったためだという。

関連ニュース

タグ
中国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント