02:08 2021年10月19日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

オーストラリアで医者を装った女性が、新型コロナ用ワクチンの接種を免除する架空の証明書600枚を発行し、1万ドル(約113万万円)の罰金または懲役を言い渡される可能性がある。ABCが報じた。

警察が偽医者を逮捕した。容疑者はクイーンズランド州在住の女性(45歳)で医師免許を持っていなかったが、報道によれば、彼女自身はおかしなことは行っていないと主張している。ABCは警察代表のコメントを紹介し、容疑者は、新型コロナウイルス用ワクチンの接種の義務化に反対していることから、こうした証明書を発行する権利があると考えていると報じた。

現在、警察は、オーストラリア全土でこうした証明書を受領した人の把握に努めている。容疑者の裁判は10月28日に予定されている。

この間、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は、航空機内の新型コロナウイルス感染者数を予測するツールを作成したと発表した

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
オーストラリア, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント