12:13 2021年10月16日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界保健機関(WHO)は10月14日に発表したレポートの中で、2020年の結核による死者数はコロナウイルスのパンデミックが災いし、10年ぶりに増加に転じたことを明らかにした。

WHOの2021年結核レポートには次のように書かれている

「COVID-19のパンデミックのために、長年続けられてきた世界の結核対策は逆戻りし、10年以上を経て結核による死者数は増加に転じた」

レポートによれば、2020年の結核による死亡者数は150万人近くを数え、特に結核が一番流行している30か国で死者が増加している。また2021年、2022年も結核患者とそれによる死者数はより増加する恐れが予測されている。

WHOによれば、結核診断、治療、予防サービスの支出は世界全体で58億ドルから53億ドルにまで減少した。この額は2022年までに完全な結核対策に130億ドルを費やすという世界目標の半分にも満たない。WHOはこうした状況の原因として、結核阻止に向けられる資金がコロナウイルスのパンデミック対策に投じられたためと指摘している。

関連ニュース

タグ
病気, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント