© Ruptly .

ロシア・カザンの建築会社「ATOMMODULE」はロシア初の移動式ホテルを建造した。

ロシアでは自然の中で休暇を取ることが大きな人気を誇っている。なかでも湖畔や森に向かい、数日間をテントで過ごす人が多い。だが、すべての人がテントで住めるわけではない。テントは小さく、寝床は硬い上、シャワーもないなど不便な点も多々ある。

この移動式の部屋は本質的に四つ星ホテルと同等のものだ。さらに、極めてアクセスが悪い場所でさえ設置が可能。建設が禁止されている自然保護区や森林地帯にも向かうことができる。内部には寝室やダイニングキッチン、シャワートイレを備える。

「ATOMMODULE」は、今年開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開催中、テントより格段に居心地がいい同施設は、ファンや旅行者の宿泊施設問題解決に寄与することができると期待を寄せる。

タグ
動画, 2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント