• 2018年サッカーW杯の公式マスコット「ザビワカ」の人形
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯のアート・オブジェクトの近くでセルフィーをする女性
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯の公式マスコット「ザビワカ」の近くに座っている男性
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯に向けて設置されたアート・オブジェクト
  • 2018年サッカーW杯の公式マスコット「ザビワカ」
© Sputnik / Evgeny Biyatov
2018年サッカーW杯の公式マスコット「ザビワカ」の人形

モスクワ中心部では2018年サッカーW杯に向けて飾り付けが行われた。赤の広場周辺にはW杯ロシア大会の公式マスコット、オオカミの「ザビワカ」の人形や、開催都市を象徴するオブジェクトが設置された。

飾りつけのメインとなっているのは、サッカーW杯ロシア大会が開催される11都市の名所を象徴した11個のオブジェクトだ。各開催都市を旅行した気分をつくり出すために、補助照明装置が取り付けられた道ですべてのオブジェクトが結ばれている。この「旅行」は、公式マスコットのザビワカから始まり、大きなサッカーボールで終わる。

サッカーW杯ロシア大会は、2018年6月14日から7月15日まで、ロシアの11都市(モスクワ、サンクトペテルブルク、サマーラ、ニジニ・ノブゴロド、カザン、ソチ、ロストフ・ナ・ドヌー、サランスク、ヴォルゴグラード、カリーニングラード、エカテリンブルク)の12会場で行われる。

タグ
写真, スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント