19:49 2018年08月20日
プーシキン美術館

プーシキン美術館、「イスラム国」に破壊されたアッシリア文化遺産の支援キャンペーンを展開

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
中東
短縮 URL
0 0 0

ロシア国立プーシキン造形芸術美術館がソーシャルネットワークを利用してテロ組織「イスラム国」によって2月から3月の間に破壊されたニムルード、ホルサバード、モスルのアッシリア文化遺産の支援に関するキャンペーンを展開した。

「キャンペーンのシンボルとして「シェドゥ」を選んだ。体は雄牛または獅子、5本の肢をもち、翼は鷲、頭は人という怪物だ。シェドゥの石像は宮殿や客間の入口に設置され、警備をしていた。キャンペーンの参加者はこのシェドゥの写真を撮って、#savethesheduというハッシュタグで写真をSNSに掲載するのだ」と同美術館。なお美術館は彫像その他メソポタミア美術のコレクションを有している。

プーシキン美術館の古代文明ホールの入口には有翼の雄牛の姿のシェドゥ像が飾られている。イラク北部ドゥル-シャッルキン(現ホルサバード)にあるサルゴン2世(前722-705)の宮殿に飾られていたオリジナル(ルーヴル所蔵)のコピーだ。

ニムルードやホルサバードの古代遺跡や古い楔形文字、彫像、アッシリア王の生涯を描いたレリーフと同じく、これら都市を守護していたシェドゥも破壊された、と同美術館。

関連:

「イスラム国」が古代アッシリア人の遺跡を破壊
「イスラム国」 イラクで塩素を使用
タグ
プーシキン美術館, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント