04:32 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    IS戦闘員ら、イエメンでのテロ事件の責任は自分達にあると認める

    IS戦闘員ら、イエメンでのテロ事件の責任は自分達にあると認める

    © REUTERS/ Khaled Abdullah
    中東
    短縮 URL
    0 21

    イエメンで発生したテロ事件の犠牲者の数は、150人に達し、負傷者は300人に及んでいる。イエメン内務省が伝えた。IS(イスラム国)が犯行声明を出した。

    ISは、イエメンで起きたテロ事件に対する責任を認めた。ロイター通信が、ISが発表したTwitterの声明文を引用して伝えた。

    20日、金曜日、複数のテロリストが、イエメンの首都サヌアにある2つのイスラム寺院内で自爆した。イエメンの特務機関によれば、犯人らは、爆弾を仕込んだベルトを体に巻いていたものと思われる。

    関連:

    イエメンのイスラム教寺院でのテロ
    タグ
    テロ, イエメン, 中東
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント