21:36 2017年07月25日
東京+ 30°C
モスクワ+ 25°C
    フーシ派、サナア市街をパトロール

    米国、イエメン、フーシ派との 平和交渉をイランに支援要請

    © REUTERS/ Khaled Abdullah
    中東
    短縮 URL
    イエメン空爆作戦 (67)
    0 56937

    米国はイランに対し、イランがイエメンのフーシ派と持つ交流関係を用いて反体制派間の交渉を開始するよう依頼した。米国務省のスポークスマンが明らかにした。ケリー米国務長官はニューヨークでイランのザリフ外相と会談した際、こうした依頼を行なっている。

    これより前、イランの精神的指導者が声明を表し、サウジアラビアはイエメン爆撃に航空隊を送り込み、軍事犯罪を犯していると非難したが、この際に米国はイランに対し、イエメンの紛争に介入せぬよう防止した。

    またイランがイエメンの反体制派間の交渉仲介役を申し出た際も、米国はこれを退け、米国自身が交渉開始を呼びかける意向だとし、その交渉では米国の国益が遵守されるとしていた。

    ところが交渉が失敗したため、米国はイランを阻止したことを忘れ、援助を頼んできた。

    イエメンでは4月21日、シーア派の「アンサル・アッラ(フーシ派)に対する1月間に及ぶ空爆作戦「決意の荒らし」が公式的に終了。サウジアラビアをはじめとするアラブ諸国の連合軍が作戦を行った。作戦にはクウェート、アラブ首長国連邦、バーレーン、エジプト、ヨルダン、モロッコ、スーダンの軍隊も加わった。作戦の公式的な終了宣言の跡も、アラブ連合軍はフーシ派陣地への攻撃を止めておらず、その結果、地元住民に被害が出ている。

    トピック
    イエメン空爆作戦 (67)
    タグ
    イエメン, イラン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント