17:03 2018年06月25日
米国は外交を用いず、中東を武装させている

米国は外交を用いず、中東を武装させている

© AP Photo / Hatem Moussa
中東
短縮 URL
イエメン空爆作戦 (67)
0 415

米国務省は議会に対し、イスラエルとサウジアラビアに武器を供給する計画を報告した。

イスラエルにミサイル3000発と爆弾4000発を、サウジアラビアにレーダーおよびナビ搭載のヘリ「シーホーク」10機とミサイル「ヘルファイア」38発を売却する計画。

この両国は中東における米国の主要な同盟国であり、またイランとの合意に最も積極的に反対している2か国である。

それぞれ19億ドル規模の合意であるという。

イスラエルへのミサイルおよび爆弾の供給に関する情報に先立って、イスラエル紙「ガアレツ」は、米国はイスラエルが強硬に反対しているイランとの核開発合意に対する一種の「代償」としてイスラエルへの武器供給を拡大する、と報じていた。

イエメンにおける紛争およびテロ組織「イスラム国」の活動拡大で中東の緊張が高まっている。米国による武器の供給は火に油をそそぐばかりである。

トピック
イエメン空爆作戦 (67)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, 武器・兵器, 中東, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント