15:01 2019年08月25日
米軍デンプシー大将:イラク軍強化のために米軍を危険にさらすいわれはない

米軍デンプシー大将:イラク軍強化のために米軍を危険にさらすいわれはない

© AFP 2019 / Ahmad Al-Rubaye
中東
短縮 URL
0 25

米軍統合参謀本部議長マーティン・デンプシー大将は、イラク国家保安隊の強化のためにわざわざ米国の軍人の生命を危険にさらすには及ばない、と述べた。

米議会下院における水曜のスピーチで、デンプシー氏は次のように述べた。

「イラク保安隊を強化するためだけに我が軍を前線に配備し、リスクを負わせることはしたくない。「イスラム国」の脅威によってもイラク保安隊の前線が強化されなかったのならば、我々はその強化のために何をすることも出来ない」

ただし、デンプシー氏は、米兵を短期間イラクに派遣し、イラクの重要都市を武装勢力から解放するための限定的作戦に参加させる可能性は排除しなかった。

デンプシー氏は以前にも、「イスラム国」対策はまずイラク自身が務めるべきであり、米軍は米国民の安全が脅かされた場合に初めて動員されるべきである、と述べている。

また、米国のアシュトン・カーター国防大臣による、「イラクには自国を守るべく「イスラム国」と戦う意思が足りない」とする発言もある。

関連:

米軍大将、「イラクは自力でイスラム国を始末すべき」
オバマ大統領、イラクへの450人米兵追加派遣を決定
イラク初の女性の民間旅客機パイロットが誕生
タグ
イラク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント