11:10 2018年07月21日
シリア

米国の「イスラム国」(IS)に対する空爆で市民6人死亡、10人負傷

© Sputnik / Dmitriy Vinogradov
中東
短縮 URL
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
0 16

シリア北部の「イスラム国」拠点と見られる場所に土曜、米軍が空爆を行い、少なくとも市民6人が死亡、10人が負傷した。シリアの人権団体Syrian Observatory for Human Rights (SOHR)が発表した。

米国を筆頭とする国際有志連合の広報担当によれば、土曜、ここ最近で最大規模となる、16回の空爆が行われた。一方の人権団体によれば、空爆で「死者は22人、市民は子供含め6人が死亡、残りが「イスラム国」戦士だ」とのこと。AFPが伝えた。

テロ組織「イスラム国」は今日、世界の安全保障にとっての最大の脅威のひとつとなっている。この3年間でイラクとシリアに広大な土地を掌握した。同組織はさらに来たアフリカ、特にリビアでの影響力拡大を図っている。

トピック
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

関連:

ロシア世論調査:若者が「IS」のような過激派組織に入るのは人間のゾンビ化と金のせい
文化遺産の破壊を続ける「イスラム国」:世界遺産の街パルミラで貴重な石像6体破壊
中国、ロシア、「イスラム国」… 日本に最大の脅威はどれ?
米国の軍事戦略発表、ロシアは「イスラム国」と同列扱い
アフガンの「イスラム国」、地域安全保障への現実的な脅威
IS(イスラム国) パルミラの遺跡地区に地雷を仕掛ける
タグ
米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント