13:44 2018年10月22日
シリアの町アレッポでユネスコの世界文化遺産に登録されている古代の堡塁

世界遺産がまたテロの犠牲に、アレッポの古代堡塁、一部が破壊

© 写真: Bernard Gagnon
中東
短縮 URL
206

シリアの町アレッポでユネスコの世界文化遺産に登録されている古代の堡塁が急進主義武装戦闘員らによって破壊された。

シリアのSANA通信の報道によれば、アレッポの古代の要塞付近のトンネルにテロリストらが爆破物を仕掛けたため、旧市街の一部をなし、ユネスコの世界遺産に登録されている堡塁の壁の一部が破壊された。

破壊を行なったグループは現段階では特定されていない。

アレッポとその周辺は武装戦闘員らとシリア軍の間で掌握する地区が分かれている。政府軍のほうは都心をはじめとするおよそ60%を掌握しているものの、それ以外の地区の管轄をめぐっては「イスラム国」、「アル=ヌスラ戦線」をはじめとする武装戦闘組織間でたゆまない戦闘が展開されている。

7月はじめ、「アル=ヌスラ戦線」はアレッポの新たな地区およびすでに掌握された防衛を強奪する目的で複数の武装集団と同盟を組んでいる。数日前も同様の目的で「イスラム国」と「アル=ヌスラ戦線」の武装組織の同盟が組まれている。

関連:

米国、シリアにおける化学兵器使用の犯人の特定に関する決議案を国連安保理に提出
「イスラム国」、シリア北東部の火力発電所を爆破
アサンジ氏「中東地域で2012年、シリア政権転覆の陰謀があった」
シリア外相、モスクワ訪問へ、主要議題はシリアおよび周辺情勢
米軍 シリアでの作戦でイスラム国(IS)に関する貴重な情報を入手…しかし諜報機関はすでにそれを知っていた
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント